アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

アートメイク、刺青、タトゥー(tatoo)除去について

アートメイク、刺青、タトゥー(tatoo)除去について

 

 

 

刺青(タトゥー、入れ墨)とは、色素を針の先につけ皮膚の真皮層にすり込み、故意に皮内に沈着させることで、半永久的に固定させようとするものです。目的通り、消えないために行うものですから、一度入れてしまえば、原則的には簡単に取れません。それだけに軽い気持ちで施術してしまったり、アートメイクのように、化粧の手間を省くために、眉やアイライン、唇などに施行した後、邪魔になったり、流行が変わる、デザインが気に入らない、などでその除去を目的で相談に来る方も多くいます。 また、故意ではなく、すり傷やケガの際に、泥や砂などの汚れが、傷口に混入したまま治癒してしまうと、その部分が黒っぽくあざのようになってしまう所謂‘外傷性刺青’という状態もあります。

 

 

現在、刺青の除去法は、第一選択としてはレーザー治療です。しかし、当然ただレーザーをあてればよいという事ではありません。レーザーとは、ある光源から発進された、同一波長をもった光の束です。光は最終的には、ある物質に吸収されることで熱エネルギーに代わりますから、ターゲットとなる物質に吸収されやすい波長を選択することで、それを熱破壊することになります。例えば、シミに対してならメラニン粒子、赤みに関しては血管内のヘモグロビンというようです。 刺青に対しては、入れた色素に吸収させて熱破壊することで、薄くしたうえ、細かく破壊し運搬されやすくするのです。その為、刺青除去に使われるレーザーは何でもよいわけではなく、それに対応したものでなくていけません。今多く用いられているのは、QスイッチYAGレーザー、Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキザンドライトレーザーなどです。治療効果は、色素の種類、濃さ、入っている深さ、皮膚質などによっても異なりますが、1回でほとんど目立たなくなるものもあれば、10回以上繰り返す必要があるものもあります。治療間隔は、最低一か月は空ける必要があるため、一年以上かかることもあります。治療には、ある程度痛みが伴うため部分麻酔が必要です。色で言えば、黒(炭素、酸化鉄)が最も反応が良く、赤(硫化水銀、セレンカドミウムなど)や緑(硫化クローム、クロム鉄など)、茶色(オーカー)はやや反応が遅いものが多いようです。レーザー照射も無条件出力をあげれば、皮膚への熱ダメージがあり得るため、十分な調節と選択により慎重に照射します。照射後は、赤みや軽い擦り傷のような状態になる為、テープや軟膏によるケアーが数日必要です。

 

 

その他の治療としては、アブレージョン(abrasion)と言われる削皮術や切除法があります。アブレージョンは、特殊な器具で皮膚の表面を薄く削ることで、刺青の層を除去しようというものですが、刺青部位に沿って傷跡を残すことになる為、現在はあまり用いられません。一方、切除法は、刺青の部分を皮膚ごと切り取って縫いよせてしまう方法です。刺青部位の最大直径よりやや長い直線状の傷跡が残りますが、小さなものなら一回で切除できる可能性がある為、とにかく早く刺青の痕跡をなくしたいと考えた場合、選択されることもあります。しかし大きな刺青に対しては、当然一回での切除は難しく、3~5回に分けて、行うことも稀ではありません。また、関節の周囲や肩、肩甲骨の上、前胸部などケロイドの好発部位は避けたほうが良いでしょう。それらの部位以外でも体質的にケロイド質の人は注意が必要です。一回に手術の後、最低二か月は空ける必要がある為、3~4回手術が必要な人は、やはり1年近くかかります。また、最終的にもある程度の傷跡が残ることは、理解しなければいけません。

 

 

 

刺青除去に関しては、原則的には、レーザー治療が第一選択です。しかし、レーザーでさえ正確に診断し、試行してこそ効果があります。専門の医師から十分な相談を受けてから、治療を検討してください

 

 

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック