アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

傷跡修正・・・傷跡、ケロイド、やけど跡、ニキビ跡etc

傷跡修正・・・傷あと、ケロイド、やけど跡、ニキビ跡etc

 

 

傷あとの修正術は、形成外科の基本的技術でありながら、最も重要な治療の一つです。顔などの露出部位にある傷跡、ケロイド、やけど跡は、当人にとっては心の傷とも言えるつらいものだからです。

 

 

具体的治療法として、手術による瘢痕形成術とレーザーや注射、内服、外用剤などによる保存的治療法があります。どちらを選択するかは、傷の状態、体質、ご本人の希望、時間的な余裕など様々な点を考慮して専門医が判断することになります。

 

 

瘢痕形成術・・・これは現在ある傷跡を切除して目立たない方法で縫い直すことです。その場合、形成外科的に綺麗に縫合するだけでなく、いろいろなテクニックを、使って肉眼的に目立たなくします。例えば、女性に多い帝王切開のあとの傷などは、ジグザグに縫合することで、傷が再び広がりにくくします。また顔の傷などは、しわのできる方向合わせて傷跡の方向も変化させることで目立たなくすることもできます。(W形成術、Z形成術)

 

 

注射、内服・・・肩、胸、アゴのラインなどに 赤く盛り上がった傷が残ることがあります。体質的な原因が考えられますが(ケロイド体質)、この様な場合は、ステロイドの一種である注射(ケナコルト)や内服剤などで、盛り上がりをしずめ、赤みをとることができます。また、傷の痛痒さなども飲み薬(トラにラスト、リザベン)で抑えることができます。

 

 

レーザー治療・・・赤みのある傷跡や、にきび跡などにレーザーを照射することで、赤みを消したり、コラーゲンの増殖を促進して凹凸を目立たなくすることができます。2~3週間間隔で4、5回繰り返しながら効果をあげていきます。

 

 

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック