アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

目の美容整形・・・切開法の意味と適応

 

前回は二重の手術の中で埋没法を中心にお話をしましたが、今回は切開法の意味と適応に関して簡単に説明します。

 

  
 一般的には「埋没法は自然な二重で、切開法はハッキリした目立つ二重を希望する人が選択するもの」といったイメージがあるのではないでしょうか?勿論どなたでも手術は怖いでしょうし、切らなくても良ければそちらを選びます。私も手術法を選択する場合、できるだけ侵襲が少ない方法から考えるべきであると思いますが、やはり最も大切な点は「結果的にその方の希望通りになるか」ということではないでしょうか。大部分の方が自然なラインを望みます。しかし逆に中に糸を縫いこんで留める埋没法ではその「自然なライン」が出来にくいケースもあるのです。
  

 

 具体的にはまぶたの皮膚にたるみやかぶさりが強い方、まぶたを開ける筋肉の力が弱い方、自分の目の形よりも切れ長にラインを出したい方などです。このような特徴が見られる場合、どうしてもある程度の皮膚の処理が必要になります。なぜなら皮膚のたるみやかぶさりをそのままにして埋没法にてラインを決めようとすれば、必要以上に幅の広いラインでデザインしなければならず、その結果かえって不自然なラインになりがちだからです。
  

 

 また、まぶたの腫れぼったさを気にしている方の場合はどうでしょうか?この場合すぐに「脱脂肪」を薦める医師もいるようですが、脂肪よりむしろ皮膚や皮下組織の厚みや形態が原因であることが多いような気がします。腫れぼったさが中心で、たるみやまぶたの筋肉の弱さがなければ「小切開」という選択も有効です。この方法は形成する二重のラインに沿って1センチ弱切開し、そこから組織の処理をして二重を作りますので、埋没法と切開法の中間的な方法と言えるでしょう。
  

 

 このように治療法を考える時、埋没法と切開法のどちらが優れているかではなく、その方にあった自然なラインを得るためにはどの方法が一番適しているかが重要だと考えます。

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック