アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

目の美容整形・・・本当に自然な二重ラインを求めて

 

 

 

目の美容整形・・・本当に自然な二重ラインを求めて

 

顔つきを表現する時、「目鼻立ち」と言うように目と鼻の形、バランスでその人の印象が決まると言っても過言ではありません。特に目元の印象は、相手に対するイメージの最も大切な部分でしょう。まさに「目がものを言う」です。それだけにただ二重にすれば良いという事は、絶対にありません。二重の手術において一番大切なことは、その方に合ったラインを見つけ出すことでしょう。

 

 

顔の輪郭・まぶたの皮膚の厚さやかぶさり・目を開ける筋肉の強さ・目頭や目じり側の形などでもラインは微妙に影響されます。これらの条件と何よりも本人の希望とを考慮してより自然で、その人に合った二重を探していきます。

 

実際の手術法の選択

 美容外科に関心のある方、二重の手術を考えてみた方なら雑誌やインターネットで埋没法・切開法などという言葉を目にしたり聞いた事があるかも知れません。一般的なイメージだと埋没法は簡単・腫れない・自然などという良いイメージがある反面、取れやすい一時的なものと持続性に疑問を持つ方が多いようです。一方、切開法はびっくり目になる・広すぎる二重になる・腫れる・傷跡が残るなどという手術に対する不安感・怖さなどからマイナスイメージが強いようです。実際はどうなのでしょうか?

 

 

埋没法

 二重とは、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の繊維の一部が、まぶたの皮膚側に伸び、目を開ける時に引きこまれることで出来る折れ曲がりです。埋没法ではこの繊維の役割をまぶたの中に糸を埋め込むことで同じ作用をさせます。結果的には元々の二重と同様の原理でラインができ、糊でくっつけただけのアイプチとは違い自然な二重まぶたになります。若い人が無理のない自然な二重を望む場合、ほとんどこの方法で問題はありません。 

 

 

 勿論埋没法といっても実際の手術は医師により糸を留める位置や糸の留め方も異なりますし、患者さんの状態によっても変えなければならないのは当然です。よく「一点留めはダメで、二点留めが良い」とか「一点いくらです」みたいないい加減な表現をするクリニックがあるようですが、何点留めるべきかは患者さんの状態・希望によって必要かどうかの問題ですから、どちらが良いというものではないと考えます。

 

 

 また、全く腫れない・その日からデートできると言うのも誇張した表現でしょう。切らないといっても手術操作である以上多少の腫れは避けられません。しかし、腫れは必ず数日で治まるので心配は要りません。

 

 

 埋没法は元に戻り易いとか、一時的なものであるというのはどうでしょうか?確かに切開法のように皮膚の二重のラインに沿って一点一点縫い付ける方法ではないため、100%取れないとは断言できません。しかし一時的な方法ではなく、ほとんどのケースでは一生問題ありません。稀にラインが薄くなったり、取れる場合もありますが初期に寝ている間に強く目を擦ってしまったり、物理的なアクシデントがあった場合がほとんどであり、何の理由もなく外れてしまった場合は、医師の技術的な問題かもしれません。しかし、非常に稀ですが何度も外れてしまうケースも確かにあります。その場合は糸による、まぶたの皮下の癒着が出来にくい体質や条件があることを考慮し、小切開法という一部分のみ切開して固定する方法を選択することもあります。

 

 

 

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック