アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

目尻、目の下のクマ、タルミ、しわの治療の選択

 

 

顔のシワ相談の中で、最も多いものの一つが目尻、目の下の小じわ、たるみ、クマです。

 

 
早い人なら20代半ばから、目の下のこのような悩みは持ち始めるようです。目の周囲の皮膚は人間の体の中で最も薄い部分です。その上 目は毎日2万回以上瞬きを繰り替えしています。皮膚が薄く、動きが激しい為、早くから小じわが目立ちはじめるわけです。目尻側は、所謂 カラスの足跡と言われる小じわが、そして目の下から内側にかけては、目のクマと言われる三角形のタルミと細かいしわが現れます。このやや暗い影のように見えるクマは、皮膚が薄いため、目の下の部分の発達した静脈層と筋肉が透けて見えることと、眼窩脂肪と言われる目玉を包んでいる脂肪が皮膚や筋肉の緩み、タルミで前方に突出してくることが原因で三角形の形に暗く見えてくるものです。
治療は、勿論このような複雑な原因を考えて、その方その方に合わせて考えなければなりません。まず、目尻の笑いジワ、小じわの治療には、ボトックス(BOTOX、A型ボツリヌス菌毒素剤)により予防しながら改善することが最も有効です。この注射は 目尻の眼輪筋という筋肉の収縮力を抑える働きで、シワを出来にくくします。大体5ヶ月間隔で何回か治療することになります。

 

 

目の下の小じわ、クマ、タルミに関しては、あまり ひどくない状態ならば、ヒアルロン酸と言う吸収性の保湿成分を少量、正確にシワや窪みに注入する方法があります。ヒアルロン酸はムコ多糖類という真皮の中に本来ある成分で、吸収性ではありますが、繰り返すことで肌の再生を助けてくれる安全なものです。その他、皮膚の張りを改善するIPL、I2PLと言った光治療や、特殊な長波長のレーザー(ジェネシス)で肌の引き締め治療を繰り返したりすることも有効です。

 

 

目のタルミが強い場合は、タルミの原因である眼窩脂肪を 部分的に切除する方法から、さらに 皮膚を切開して、筋肉を引き上げ、余った皮膚を切除しながら縫合する下眼瞼の手術までおこなう事もあります。 勿論 手術は、専門医の正確な診断、技術だけでなく、患者さんの時間的な余裕や希望を考慮して、慎重に選択しなければなりません。
まずは、信頼できる専門医を受診して、正しい診断と説明を受けて、自分の状態、希望、条件にあった治療を考えてください。

 

 

 

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック