アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

綺麗な二重まぶたについて・・・あなたに合った二重手術は?

 

 

 

あなたが二重の手術を希望しているとしても、具体的にどんなラインが一番あなたの目を美しくみせるのかは、なかなか自分では決められないと思います。自分の顔を客観的には判断することは難しいのです。言葉では、すっきり自然で綺麗な二重にと思っても、では実際にあなたの顔にどんな二重が合うのか、そのためにはどんな手術法が適しているのかは、専門医とよく相談し実際にシュミミレーションし納得して決めるべきです。しかし、ある程度の知識がなければ、いわれるままのお任せ手術となり、満足できないケースも多く見られます。そこで、まず、基本的に知っていてもらいたい知識をお話します。

 

 

 まず手術には大きく分けて、埋没法、小切開方、切開法があります。よく埋没法は自然だけれどいずれ取れてしまう、切開法ははっきり大きい目になるけれど、不自然になるといったイメージがあるようですが、少し誤解があります。手術はやはりその効果とからだへの負担のバランスで考えるべきです。つまり、皮膚にたるみが少なく、目の筋肉、皮下組織などの特別な処置が必要でない30代までの方なら、まず埋没法を考えるべきでしょう。また埋没法は必ず取れてしまうというのも誤解です。その方に合った、ラインを綿密にデザインし、的確に糸で固定すれば永久的に二重が残るケースも多いのです。

 

 

 一方切開法は、皮膚のたるみがあったり、まぶたの重さがあるケース、一度切開して不自然に広くなってしまったケースでは、むしろ自然なラインを作るために必要です。

 

 

 そして小切開法は、皮膚の切除は必要ないが皮膚自体が厚く皮下組織の処理が必要なケースや特殊な条件で過去に埋没法で何度もラインが薄くなってしまったケースなどに適しています。

 

 

 結論的に言えば、二重の手術ではデザインが最も重要であり、それはその方一人一人の目の様々な特徴から綺麗で自然なラインを追求する作業から始まります。手術法は、できるだけ負担の少ない方法から選ぶものです。そして目頭切開などの手術は特徴的な目のラインをもった人だけ有効であり、安易に目が大きくなると考えたらいけません。広すぎるラインはむしろ眠たい印象を与えやすいのでよく術前に確認しましょう。

 

 

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック