アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

美肌レーザーについて本当の話

             正しい美容医療の知識・・・・・・・美肌レーザーの真実

雑誌やインターネットで、様々なメスを使わない最新治療ということで、しわ取り、美肌、ダイエットさらに傷あとに効果があるというレーザー、高周波、フォトフェイシャル、光治療が紹介されています。 私たちはどうも、最新レーザーという言葉に弱い?傾向があるようで、さらに英語で機械の名前が紹介されていると、よくわからないまま効くような気になってしまいます。  残念ながら医師の中でも、機械になると苦手で、レーザー販売業者の言うことをうのみにして、そのまま患者さんに説明するだけの医師もいるようですが・・・

光の皮膚作用を利用したレーザー治療は、20年前ぐらいから先天的なあざ、血管腫といった疾患に対して効果が確認されており、すでに最新技術というにはあたらないかもしれません。 また外科手術でもレーザーメスはだいぶ前から、腫瘍の切除などに一般的に使われています。しかし、シミ、しわ、毛穴などの美肌の治療としては、まだ全て確立したとはいえません。にもかかわらず、次々と新しい治療器が開発、紹介されており、我々美容医療にたずさわる医師も、評価が追いつかない現状です。他の病院が購入したから自分のところも導入しなければ遅れる!効果はわからないけど購入してしまったから適応でなくても治療に使う!といった施設も多いのではないかと思います。

レーザー、フォトフェイシャル、RF(高周波、ラジオ波)、フォトRF(フォトフェイシャルと高周波の複合機)など美肌治療機として紹介されているものは、原理的にはどれも皮膚組織に様々な周波数の光波長、電磁波をあてて皮膚反応を起こさせるものです。そしてその反応とはすべて熱エネルギーとなって作用するため、当然無理をすれば、やけどに近い反応が起こりうるということです。直後より皮膚がリフトアップする毛穴が見えなくなるというのは、熱による一時的な硬縮作用であり、長期的に持続するか、むしろダメージにはならないのかという点では、まだはっきりしたデーターがありません。早急な効果は、実は長期的には、皮膚を傷めているのかもしれません

当院では美肌目的には現時点では安全性と効果のバランスから最善と考え、I2PL(第二世代IPL)エリプスを導入しました。IPLとは、Intense Pulsed Lightの略で、フラッシュランプを光源とした光治療機で、俗にフォトフェイシャルなどといわれています。第一世代IPLが7~8年前に初めて、美肌治療として開発されその進化形として開発されたのがI2PLエリプスです。第一世代器にあった皮膚刺激とそれに伴うダメージ、痛み等の副作用を最大に抑え、その効果を無理なく長期的に改善できる次世代機です。大学病院などでの臨床検証と、過去の治療経験の蓄積によるデーターを確認し導入を決定しました。幸い患者さんからの満足度も非常に高く、選択の正しさに安心しています。

しかし、治療機械は、あくまでも道具です。治療するのは私たち医師であり、どんなすばらしい機械があっても万能ではなく、どう診断し、選択するかは常に知識を得て、患者さんと接しながら生まれる経験の積み重ねです。シミ、赤み、にきび、毛穴、たるみなど肌のトラブル、悩みがあれば、まず正確な診察を受けて、医学的な治療法、ケアーを考えて行きましょう。

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック