アジアン美容クリニック 私たちアジアン美容クリニックは、健康医療と美容、美容外科と美容内科、
西洋医学と東洋医学のコラボレーション(融合)を目指します
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック アジアン美容クリニック

「低出力体外衝撃波」治療器セルインパクトによるED‐MAX治療

低出力体外衝撃波」治療器 セルインパクトによる ED‐MAX治療 

新しい男性機能改善治療の可能性

 

・・・薬に頼らない新生血管、血流改善から副作用のない根本治療を目指して

 

アジアン美容クリニックは今年より新たに「低出力体外衝撃波」治療器機、CELLACTOR(セルアクター)とCELIMPACT(セルインパクト)を導入しました。

 

前者のセルアクターによるFAT-IMPACT(ファットインパクト)治療は、ダイエット、セルライト治療、脂肪縮小、小顔、皮膚の引き締め、皮下血流促進による手術跡の改善などの目的に適し、後者CELIMPACT(セルインパクト)によるED‐MAX治療は、新生血管の増加を促すことで副作用や痛みを伴うことなく男性の勃起機能の改善に既に多くの効果をもたらしています。

 

多くの方には「低出力体外衝撃波」と言ってもピンとこないと思います。そもそも衝撃波という言葉自体あまり耳慣れないものでしょう。衝撃波とは、音波や電磁波などと同じ圧力波の一つで、超音速で移動する物体の周りに発生し、急激に最大圧力まで立ち上がりますが、その後急速に出力は減少します。その為、ターゲットを絞れば、ピンポイントでその部位だけに高圧をかけ、周囲にダメージを与えることはありません。この特徴を利用して既に腎臓や尿管の石を手術せずに砕く結石破砕治療に使われています。

体内の石を砕くこともできる衝撃波治療器ですが、出力や波長を調節することで、その他医療分野で様々な可能性がある事が、近年の研究で分かってきました。特に注目されているのが出力を十分の一程度に抑えることで(低出力衝撃波)、既存の血管から新しい血管が枝分かれし(血管新生)、狭くなったところをまたいで血管がつくられることです。形成外科の分野では、皮膚潰瘍などの治療、整形外科での疼痛治療、そして東北大学では心臓の血管再生から新しい狭心症の治療への研究が進んでいます。当院で導入したED‐MAX治療も、このような原理のもと既に泌尿器分野での応用治療として評価を受けているものです

 

 

「低出力体外衝撃波」治療器 セルインパクト ED‐MAX治療

治療は陰茎部の陰部動脈に低出力の衝撃波を当てることで、新生血管を増殖させ海綿体への血流量を増やし、ED(勃起不全)の改善を促します。新生血管が増殖される機序は次のように考えられています。細胞に衝撃波を当てると、細胞内でたくさんのミクロン単位の泡が発生しては消える「キャビテーション(空泡)効果」と呼ばれる現象が起こることが知られています。この泡が細胞内でちょうどマッサージのような効果を発揮して、複数の血管新生システムが刺激されて血管新生を促すと考えてられています。

一回の治療は15分程度、直接陰茎部の数か所に照射しますが、通常わずかに押される程度の刺激で痛みは感じません。また、治療直後の赤味や腫れもほとんどありません。治療を重ねることで血流量の増加が期待できるため、或る程度の効果を期待するには通常1週間に一度、6回~12回ほどの治療を目安としていますが、症状や状態によりさらに治療を続けることもあります。

 

年齢的な衰えや、ストレスの他、糖尿病や生活習慣病をお持ちの方で、内服薬に頼らず副作用のない男性機能改善の治療として今大きく期待されています。

 

 

アジアン美容クリニック 院長、帝京大学形成外科、美容外科 非常勤講師    鄭 憲

アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック
アジアン美容クリニック